スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デバッグモード

今回は制作上使っているデバッグモードを紹介します。

140911_1.jpg
制作中の様々なデータはこのようなデバッグモードで確認しています。
(自分用なのでUIレイアウトは適当です)

140911_2.jpg
ミニキャラ絵はこんな感じでボタンを押したらすぐ再生して確認することができます。
ボタン操作でキャラをすぐ切り替えることもできます。

140911_3.jpg
立ち絵再生モードはこんな感じです。
動作構成はミニキャラモードと変わりません。
(こういうのは最終的にギャラリーに搭載したら喜ばれるかもしれませんね)

140911_4.jpg
またエフェクトはこのように適当に背景を表示した画面で再生確認し、作成しています。
ボタンを押すと属性ごとにジャンプして、エフェクトを再生することができます。

140911_5.jpg
そしてエフェクトデータはこのようなテキストデータで演出を
コピー&手打ちで入力して作成しています。
(吉里吉里でエフェクト(というよりアニメ)を管理する場合は、
連番画像で持ってしまうのが一番管理しやすいですが、
連番よりスクリプト指定の方が作成→組み込みが早い上素材共有できるので、
今回はこの形にしています)


そしてデバッグモードはほとんどメニューバック機能を付けていないので、
スクリプトデータを書き換えたら、吉里吉里のデバッグモードの
「シナリオ再読み込み」を実行して、実機に反映しています。

というわけで、本作用のデバッグモードのご紹介でした。


それでは、今回はこんなところで~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。